ミュージック・テックの芸術的進化:
アーティストはいかにして未来を作り続けるか

進化し続ける音楽テクノロジーの中で、興味深い傾向が現れている。ミュージシャン自身が手綱を握り、シンセサイザー、ドラムマシン、VSTプラグイン、その他の音楽テクノロジーの開発に積極的に貢献しているのです。 このシフトは、音楽の創作方法を変えるだけでなく、アーティストが使うツールにも革命をもたらしています。

Wallifornia-MusicTechPanel-ArtistsAreShapingTheFuture

先日のWallifornia Music Tech Summit 2023にて、 ビートサーフィン重鎮たちによるパネルを開催しました。 チェ・ポープ(アレサ・フランクリン、ホイットニー・ヒューストン、カルロス・サンタナ、デスティニーズ・チャイルド、ローリン・ヒル、ドクター・ドレー、ザ・ウィークエンド、ディディ、カニエ・ウェストなどのグラミー受賞プロデューサー)、 FKi 1$t(トラヴィス・スコット、2チェインズ、マック・ミラー、ウジ・ヴェルト、ポスト・マローンなどのマルチ・プラチナム・プロデューサー)、 ファズz(マルチ・プラチナ、オレルサン、SCH、オックスモ・プッチーノなどの受賞プロデューサー)と ガレス・ハルソール(プラグイン・ブティック プラグイン・ブティックLoopmastersおよび Lループクラウド).

アーティスト主導の音楽技術が台頭するきっかけを探り、アーティストがソフトウェア開発にもたらすユニークな貢献について掘り下げます。 話し合いの中で出てきたことをいくつか紹介します。

ゲームチェンジャーマックス・フォー・ライブ

BEATSURFINGで際立っている一つのきっかけは、Usine Hollyhock、Reaktor、Max Msp、SyntheditなどのVPL開発ツールの導入です。 これらの道具はすべて、アーティストや愛好家が自分の道具を作るために使うものでした。 これについて大きな動きがありました。 Max for Liveによってもたらされた革新です。エイブルトン. Max for Liveは、アーティストがライブ・パフォーマンス用に独自のMIDIパッチ、シーケンサー、エフェクト、シンセサイザーなどを作成できるようにする画期的なプラットフォームとして機能しました。 このプラットフォームは、プログラミングの豊富な経験がなくても、アーティストがコーディングやソフトウェア開発に足を踏み入れるための入り口を提供しました。

Max for Liveは単なるツールではなく、アーティストが音楽制作やライブ体験をカスタマイズするための新たな道を切り開く画期的なものでした。 アーティストがこのプラットフォームの機能を活用して、パーソナライズされたミュージック・テック・ソリューションを作り、オンラインで作品を販売することもあります。

Max For Life - Patch BEATSURFING

従来の開発を超えたアーティスト主導の貢献

The BEATSURFING Team during a Dev Release Sprint

アーティストが音楽ソフトウェアや技術開発に直接関わることで、従来の開発チームでは必ずしも再現できないユニークな視点がもたらされます。 ここに彼らの貢献がある:

1.ミュージシャンは自分のニーズを的確に把握しています

芸術家たちは自分たちの技を深く理解し、創造的なプロセスを向上させるために何が必要かを的確に把握しています。 彼らは、自分たちの仕事を向上させる具体的な特徴、機能、ツールを特定することができます。 例えば、エレクトロニック・ミュージックを制作するアーティストは、リアルタイムでサウンドを生成、変調、演奏する斬新なアプローチを提供するプラグインを必要とするかもしれません。 既存のアイデアをより良いものにするだけでなく、問題を解決し、新たな扉を開くために新たな急進的なアプローチを取ることなのです。

2.外部からの視点を得ることで、合理的かつ集中的な設計が可能になります。

開発者は往々にして、過剰な機能でソフトウェアを複雑にしすぎる傾向があります。 しかし、芸術家たちは、自分たちが頻繁に使う核となる要素について、鋭く意識しています。 アーティストのタッチは、ソフトウェアが合理化され、ユーザーフレンドリーであり続けることを保証し、彼らの創造的なプロセスに沿った本質に焦点を当てています。

3.音楽家は、技術的側面と芸術的側面のギャップをどのように埋めることができるか。

ソフトウェア開発に乗り出すアーティストは、技術的な側面と芸術的な側面のギャップを埋めます。 アーティスティックなニーズを開発チームに効果的に伝え、クリエイティブなコンセプトを機能的なソフトウェアに変換することができます。 このコラボレーションは、芸術的に強力で、技術的に堅牢なツールを生み出します。

4.ニッチな音楽ジャンルに合わせたツールの作成

音楽の世界には無数のニッチなジャンルがあり、それぞれに独自の条件があります。 これらのジャンルに精通したアーティストたちは、それぞれのニーズに応える特別なツールを作ることができます。 例えば、実験的なアンビエント・ミュージックを専門とするアーティストが、複雑なサウンドスケープをリアルタイムで生成するソフトウェア・モジュールを開発するかもしれません。 あるいは、Fki 1$tがペンタッピング・ドラムのプラグインを作りたいと言ったとき、私たちは次の作業に取り掛かりました。そして、 ランチテーブルプラグインにすぐに取り掛かりました。

5.アーティストたちは、創造的な表現を増幅するためにミュージック・テクノロジーを利用しています。

最終的に、アーティストは創造的表現を広げることで音楽技術の発展に貢献しています。 境界線を押し広げ、慣習に挑戦し、斬新な考え方を導入します。 結論として、アーティスト主導のミュージック・テックの台頭が業界を再構築しています。

Max for Liveのような触媒は、ミュージシャンがクリエイティブ・ツールを管理する力を与え、その結果、彼らのアーティスティックなニーズに合わせたソフトウェアが生まれました。 音楽ソフトウェアや技術が技術的な要件を満たすだけでなく、芸術的精神と深く共鳴することを保証するために、アーティストは独自の洞察をテーブルにもたらします。 このアートとテクノロジーのコラボレーションは、ミュージシャンが自分たちの音の風景を形作るというエキサイティングな未来を約束します。

長い間 “アーティスト “モードだった後、音楽技術に飛び込むのは大変だと感じることがあるのは承知しています。 BEATSURFINGは、仲間のアーティストのアイデアを革新的なアプリやプラグインにすることに誇りを持っています。 素晴らしいアイデアをお持ちの方は、ご遠慮なく下記までご連絡ください。 メールまたは ソーシャルメディア. あなたのアイデアをぜひお聞かせください。それを実現するために、私たちが正しい方向へ導くお手伝いができるかどうか確かめたいと思います。

音楽技術の世界に飛び込むべきかどうか、まだ迷っていますか? 私たちがリリースした最初のプラグイン 7DeadlySnaresあなたの次のプロジェクトのアイデアがひらめくかもしれません。

AUDIO PLUGINS

FREEBIES

SPECIALS

iPad APPLICATION

SUPPORT

Audio Plugins

Freebies

Specials

iPad Application

Others

オーディオプラグイン

FREEBIES

スペシャル

iPadアプリケーション

サポート

オーディオ・プラグイン

Freebies

スペシャル

iPadアプリケーション

その他

買えば買うほど
節約すればするほど

最大68%オフ

2つのプラグインを追加すると35%還元

3つのプラグインを追加すると55%還元

4つのプラグインを追加すると68%還元